眼(視力)の発達

0~10歳ごろまでの視力発達

赤ちゃんの視力

生まれたばかりの赤ちゃんの視力は0.02 ~ 0.04くらいで、光や物の形がぼんやりとわかる程度です。

2 ~ 3ヶ月頃になると視力は0.05くらいになり物をじっと見つめたり、動くものを眼で追ったり、人の顔をみて笑ったりという反応がみられます。

生後6ヶ月を過ぎると視力は0.1程に成長し、視界にあるもの(おもちゃなど)に手をのばし、つかんだりという動作をします。

赤ちゃんの視力

6~8歳頃にはほぼ完成

1歳頃には視力は0.3程度、この時期に眼の機能が急速に発達します。

3 ~ 5歳前後で視力は0.8 ~ 1.0程度になり、大まかな立体視を獲得できるようになります。

6 ~ 8歳頃になると大人と同程度の立体視が獲得でき、視機能の発達がほぼ完成します。

6~8歳の視力
眼科医の先生からみるみるポイント

0〜10歳頃までの視力発達が大切です

視機能の発達する時期のことを眼科では「視覚感受性期」とよんでいます。
この「視覚感受性期」に発達を妨げる眼の異常として、屈折異常や斜視や色々な眼球の病気があります。

これらは適切な時期に治療することで視機能の発達に繋がります。

ものが見える(認識する)仕組み

視神経を経て脳に伝わる

眼に入った情報(光や物体の色、形)は角膜、瞳孔、水晶体を通って網膜上の一番視力が出るところ(中心窩)に結像されます。

そしてその情報は視神経を経て脳に伝わり、はじめてものを認識することができます。

ものが見える仕組み

「みる力」と直結する「認識する力」

人間が認識する情報のうち 80%が視覚による ものと言われています。正しくものを認識することは、脳の発達や心身の成長も促します。

見ることで絵を描いたり、ボールをキャッチしたり、障害物をよけたり、ものを見て感動したりと様々です。

つまり、眼は「ものを認識する」のに大事な入口になるのです。

「見る力」と直結する「認識する力」
眼科医の先生からみるみるポイント

「みる力」を伸ばすことは
発達や成長を促すことなのです。

両眼視機能とは

両眼視機能とは立体を感じる能力

左右の眼で見た像を、脳で1つの像にまとめることを両眼視機能といいます。
この両眼視機能を獲得することで、奥行き感や立体感など3Dを感じ取れるようになります。

両眼視機能は斜視や弱視がない場合は6歳頃までに獲得されます。

正視

正視…遠くも近くもはっきり見える

網膜の中心窩(ちゅうしんか)にピントが結ばれた状態のことをいいます。

正視

屈折異常

遠視 …ぼんやりとしか認識できていない

遠視とは、遠くのものを見たときにピントが網膜よりも後ろの位置に合っている状態のことをいいます。遠視の眼は、程度にもよりますが遠くも近くもぼんやりとしか見えてないことが多いのです。

そしてピントを合わせるために調節という眼に力をいれた状態にすると眼の疲れを生じたり、読み書きが長続きしないため飽きっぽい性格になったりします。

遠視

近視 …遠くのものが見えにくい

近視とは、遠くのものを見たときに、ピントが網膜よりも手前の位置で合っている状態のことをいいます。近視の眼は程度にもよりますが、近くのものは見えますが遠くのものはぼんやりとしか見えません。

近視

乱視 …ピントが合わず歪みが生じる

乱視とは距離に関係なく、ものが網膜上で一点にピントが合うことがない状態のことをいいます。角膜の縦と横のカーブがラグビーボールのように差があることが原因で歪みが生じます。

乱視の眼は全体的にぼんやりと見え、特に暗い場所では見えにくく感じます。乱視も遠視と同様に眼が疲れやすいです。

乱視

弱視の種類

弱視は大きく2つに分類

機能弱視 … 治療や訓練により視力が発達するもの
器質弱視 … 眼球の病気が原因で、治療や訓練でも視力発達が困難なもの

機能弱視は主に4種類

屈折異常弱視
不同視弱視
斜視弱視
形態覚遮断弱視

子どもの弱視の原因で多くを占めるのは機能弱視です

こどもの視力

機能弱視の種類

屈折異常弱視

遠視や近視、乱視の程度が両眼とも強いためにおこる弱視

乱視にも「近視性乱視」や「遠視性乱視」でおこる弱視もあります。

屈折異常弱視

不同視弱視

屈折異常(遠視や近視、乱視)に左右差が
あること(これを不同視という)でおこる弱視

屈折異常のない眼の視力が正常に発達しているのに対し、屈折異常の強い眼の視力は正常に発達しません。

この弱視を不同視弱視といいます。左右の屈折の程度やその差により視力の発達にも差がでてきます。

不同視弱視をほっておくと、屈折異常が強い方の眼が斜視を併発することもあります。

不同視弱視

斜視弱視

斜視が原因でおこる弱視

通常は両眼の視線は平行ですが、斜視は正面を見たときに片方の眼はまっすぐ見ているけど、もう片方の眼は視線が内方や外方にずれている状態のことをいいます。

視線のずれている眼からの情報は脳に伝達されない、すなわち、脳で使われないためにいつも同じ眼がずれている場合、視力や両眼視機能が発達しないので弱視になるのです。

斜視弱視

形態覚遮断弱視

視力の発達時期に視覚情報が 遮断されて起こる弱視

片眼性も両眼性もあります。

視覚情報が遮断される原因としては 先天白内障、眼瞼下垂などがあります。

〜早期発見、早期治療〜

いずれの機能弱視も視覚感受性期に 早期発見、早期治療、訓練をすることで 良好な視力・両眼視を獲得することが多く、正常な脳の発達や心身の成長も促すことがにつながります。

斜視弱視の早期発見、早期治療
眼科医の先生からみるみるポイント

弱視治療の基本は「眼鏡装用」

眼鏡で矯正して網膜にピントをきちんと合わせ、鮮明な像を脳に送り、視機能の発達を促そう。

PAGE TOP